デザイナーズマンションと一般住宅の違い

一般的なマンションとは違って「個性的」「かっこいい」「おしゃれ」といったイメージがあるデザイナーズマンション。余談ですがSUUMOにおいては、「建築家が設計したもの」=「デザイナーズマンション」と定めています。

ただし不動産業者によっては、建築家が設計、デザインを担当したという根拠のみでなく、立地や敷地の魅力を最大限に活用している物件を「デザイナーズマンション」と呼称しいるケースもみられます。

デザイナーズマンションってなんですか? ピックアップするときの注意はありますか?

賃貸のお部屋探しサイトで、「デザイナーズマンション」にチェックして探しているのですが、同じような物件がたくさん出てきたり、いまいちなにが「デザイナーズ」なのかよくわかりません。私がデザイナーズマンション 名古屋などで過去に検索していた時もそうでした。

デザイナーズマンションってなんですか? こういう類ののは選ばない方がいいとかありますか?

おしゃれなマンション=デザイナーズ、と何となしに雰囲気で呼ばれているものがたくさんありす。選ぶときは、自分のライフスタイルに合わせて選びましょう。

「デザイナーズマンション」とは、建築家やデザイナーがコンセプトを決め、設計・デザインしたマンションのことを指します。

といっても、すべてのマンション・アパートは、建築家が設計し、デザインしているわけですから、基準はとてもあやふやで、法律や、不動産業界トータルの決まりごとがあるわけでもありません。

ありきたりの、画一的な内装ではなしに、ちょっとだけおしゃれなインテリア装飾のマンション=デザイナーズ、となんとなくイメージで呼ばれているものがほとんどになります。

グッドルームでは、こんな感じのお部屋を「デザイナーズ」に区別しています。

・ 部屋のコンセプトが明確になっている
・ 建物や、内装に統一感があり、拘りが見られる
・ 新築などで、建築家、デザイナーの名前が明確

外観、共用部から、部屋からの眺望に至るまで、すべてが計算されたものもあります。

家賃は少し高めですが、その分メリットは多いです。デザイナーズマンションは、内装に付加価値がつけられているため、周辺相場に比べて家賃は少し高めに設定されていることが多いです。

ただ、その分のメリットはいろいろあります。

・ 何もしなくてもおしゃれ。人を招きたくなる。SOHO利用にもgood!
・ 天井が高い、窓が大きいなど、「開放感」を考えられた間取りが多くある
・ 共用部がしっかり管理されていて、住んでいる人も信用ができる可能性が高い

※リノベーションなど、「当該の部屋だけ」が特別な場合はあてはまらないケースがあります。